マカセル

ご利用規約(マカセラー用) 

株式会社MONO Technologies(以下「当社」といいます)は、当社が運営するサービス「マカセル」(以下「本サービス」 といいます)のご利用規約(マカセラー用)(以下「本規約」といいます)を、下記の通り定めます。本サービスにおいて当社がユーザーから受託した販売代行業務について、当社から再委託を受けることを希望する方は、事前に本規約の全文をお読みいただき、本規約に同意した上で、本規約に基づく業務委託契約の申込みを行ってください。


第1条 (本規約の目的) 

  • 本規約は、本サービスにおいて当社がユーザー(ご利用規約(依頼者用)第1条に規定するユーザーをいいます。以下同じ。)から受託した販売代行業務の一部の再委託(以下、単に「再委託」といいます)について、当社から再委託を受ける者(以下「マカセラー」といいます)に適用される条件を定める規約です。

第2条 マカセラー登録等 

  • マカセラーとなることを希望する者(以下「登録希望者」といいます)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、マカセラー登録を申請し、業務委託契約の申込みをすることができます。
  • 登録の申請は必ず登録希望者自身が行わなければならず、原則として代理人による登録申請は認められません。また、登録希望者は、登録の申請にあたり、真実、正確かつ最新の情報を当社に提供しなければなりません。
  • 下記項目のいずれかに該当している方は、マカセラーになることができません。
  1. 日本国内に在住でない方
  2. 18歳未満の方、及び18歳以上であっても未成年者であり保護者等の法定代理人の同意がない方
  3. 申し込み内容、本人情報その他登録情報に虚偽の記載や故意の不記載等がある方
  4. 本人確認書類を提出いただけない方
  5. 登録希望者の氏名、本人確認書類名、振込口座名が同一でない方
  6. その他、当社がマカセラーとして不適切と判断した方
  • 当社は、前項その他当社の基準に従って、登録希望者の登録の可否について、当社所定の審査を行い、当社が登録を認める場合にはその旨を登録希望者に通知します。かかる通知により登録希望者のマカセラー登録は完了し、当社とマカセラーとの間に、本規約を内容とする業務委託契約(以下、単に「業務委託契約」といいます)が成立するものとします。

第3条 アカウント情報等の管理 

  • マカセラーは、自己の責任において、本サービスにかかるマカセラーID及びパスワード(以下「アカウント情報」といいます)を管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
  • アカウント情報の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はマカセラーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
  • マカセラーは、アカウント情報その他登録情報の不正使用によって当社又は第三者に損害が生じた場合、マカセラーの故意過失の有無に関わらず、当社及び第三者に対し、当該損害(弁護士費用、当社が支払う損害賠償金及び和解金等、当社が信用回復のために支出した費用を含み、これに限りません)を賠償するものとします。
  • アカウント情報その他登録情報の管理は、マカセラーが自己の責任の下で行うものとし、これらの情報が不正確又は虚偽であったためにマカセラーが被った一切の不利益及び損害に関し、当社は責任を負わないものとします。
  • マカセラーは、アカウント情報その他登録情報が盗まれ、又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第4条 委託業務 

  • 本規約は、本サービスにおいて当社がユーザー(ご利用規約(依頼者用)第1条に規定するユーザーをいいます。以下同じ。)から受託した販売代行業務の一部の再委託(以下、単に「再委託」といいます)について、当社から再委託を受ける者(以下「マカセラー」といいます)に適用される条件を定める規約です。
  1. 商品の集荷に関する業務
  2. 商品の真贋に関する業務
  3. オークションサイト等(ご利用規約(依頼者用)第1条に規定するオークションサイト等をいいます。以下同じ。)への出品に関する業務
  4. 商品に係る購入者への送付、ユーザーへの返品、破棄に関する業務
  5. ユーザー対応(問合せ及び苦情への対応を含みます)に関する業務
  6. その他前各号に付随する業務
  • マカセラーは、本件業務を第三者に委託することはできません。

第5条 業務遂行上の義務等 

  • マカセラーは、当社と緊密に連絡をとり、本規約に定められた各条項を誠実に遵守し、善良なる管理者の注意をもって本件業務を遂行しなければなりません。
  • マカセラーは、本件業務の遂行に関して、当社に適用される古物営業法、個人情報保護法その他の法令、監督官庁の告示・通達及びご利用規約(依頼者用)を遵守しなければなりません。
  • 当社は、古物商として古物営業法の遵守について責任を負います。マカセラーは、古物営業法の遵守のために当社が行う指導及び監督に誠実に従わなければなりません。
  • マカセラーは、本件業務の遂行により知り得た当社の技術上又は営業上その他業務上の一切の情報(以下この条において「秘密情報」といいます)を、当社の事前の書面による承諾を得ないで、第三者に開示又は漏えいしてはならず、本件業務の遂行以外の目的に使用してはなりません。
  • マカセラーは、個人情報(個人情報の保護に関する法律第2条第1項に規定する個人情報をいいます。以下同じ。)を、本件業務の遂行に必要な範囲を超えて取り扱ってはなりません。また、個人情報を第三者に提供してはなりません。万一、個人情報の漏えい・流出等の事故が発生した場合は、マカセラーは当社に対し、直ちに、漏えい等の発生の日時・内容その他詳細事項について報告しなければなりません。
  • 当社は、マカセラーの本件業務の遂行状況、法令遵守の状況、秘密情報及び個人情報の管理状況について、随時、必要に応じて報告を求めることができるものとし、年1回以上、必要に応じて立入検査をすることができるものとします。

第6条 取り扱う商品の指定 

  • マカセラーは、ご利用規約(依頼者用)に基づくユーザーからの指名を受けた場合、その商品を取り扱うことの可否を、当社の定める方法で、遅滞なくその旨を当社に通知するものとします。
  • マカセラーが、商品を取り扱うことを可能である旨の通知をした場合、当社は、当該商品を当該マカセラーが取り扱う商品として指定します。

第7条 取り扱えない商品 

  • マカセラーは、下記の商品を取り扱うことができないものとします。
  1. コピー・偽物商品
  2. 汚れ、破れ、シミ、匂いなどの状態が酷い商品
  3. 医薬品、医療機器など
  4. 使用済みの下着・水着
  5. 食料品(飲料/酒を含む)
  6. 動物・昆虫などの生き物類
  7. チケット・金券等
  8. 成人向け商品(映像・雑誌類含む)
  9. オークション等で出品が禁止されている品
  10. 明らかに有償での販売が困難であると認められる品
  11. その他当社が取り扱い不可と判断した商品
  • マカセラーは、正規品以外の商品は取り扱うことができないものとします。
  • マカセラーは、取り扱えない商品を発見した場合、当社所定の方法により、直ちにその旨当社に通知し、当社の指示に従い処分若しくは着払いで返送するものとします。

第8条 商品の集荷 

  • マカセラーは、商品の集荷に際し、商品の損傷等が生じたときは、直ちにその旨を当社に通知しなければなりません。

第9条 商品の真贋 

  • マカセラーは、商品が違法な品(偽ブランド品・コピー品等)や盗品等である場合、直ちにその旨を当社に通知しなければなりません。

第10条 出品 

  • マカセラーは、本件業務の遂行に当たっては、マカセラー本人としてではなく当社の業務委託先として、オークションサイト等への出品するものとします。
  • マカセラーは、ユーザーとの合意に従い、オークションサイト等へ出品するものとします。
  • マカセラーは、オークションサイト等への出品に当たっては、販売金額、販売カテゴリー・画像・タイトル・説明文・状態等の表現方法について、客観的に判断し記述するものとします。
  • ユーザーの意思確認ができない状態、又はマカセラーが本サービスにおける通常の連絡手段を用いてユーザーに対して連絡をしたにもかかわらず連絡がとれない状況が1ヶ月以上におよぶ場合には、マカセラーは、当社の定める方法により、遅滞なくその旨を当社に通知するものとします。
  • 販売代行を依頼された商品が当社所定の出品期間を超えて販売ができなかった場合には、マカセラーは、ユーザーとの間で合意されたところに従い、商品を返送又は破棄します。返送及び破棄に要する費用は、ユーザーが負担する旨のユーザーとの合意がある場合を除き、マカセラーの負担とします。

第11条 マカセラーによる評価 

  • マカセラーは、商品の売買が完了した場合、当社所定の方式に従い、速やかに、ユーザーを評価するものとします。商品が出品期間を超えて販売できなかった場合も同様とします。

第12条 手数料等 

  • 商品の売買が完了した場合、当社はマカセラーに対し、本件業務の対価として、当社所定の手数料(税別)及び送料、箱代、ユーザーが付したオプション(梱包材等)に係る費用(次項において「手数料等」といいます)を支払うものとします。
  • 商品の売買が完了した場合、マカセラーは、次条の規定により当社に引き渡す販売金額相当額から手数料等を差し引くことにより手数料等を受け取るものとします。
  • 本件業務の遂行に要する費用は、本規約に明示的に定めた費用を除き、全てマカセラーの負担とする。

第13条 販売金額の引渡し 

  • マカセラーは、商品の売買が完了した場合、当社の定める方法により、直ちに、販売金額相当額を当社に引き渡すものとします。マカセラーがクレジットカードを利用する場合は、その決済手数料は当社の負担とし、マカセラーが銀行振込を利用する場合は、その振込手数料はマカセラーの負担とします。
  • 販売完了は、代金と商品受け渡しが問題なく完了した日となります。
  • 商品引渡し後のクレーム・返品等の受付期間の定めがある場合においては、その期間の満了を持って販売完了とします。

第14条 キャンセル 

  • ユーザーが商品の集荷指定時間の前日迄に所定の方法でキャンセルした場合、マカセラーは、直ちにその旨を当社に通知し、当社の定めるところにより、キャンセルに伴う手続きを行うものとします。

第15条 ユーザー等からの訴訟等に対する対応 

  • マカセラーは、ユーザーその他第三者から、当社又はマカセラーに対して、本件業務の遂行に関し、苦情又は訴訟の提起等(以下「苦情・訴訟等」といいます)がなされた場合には、その責任と費用において苦情・訴訟等に対応し、当社に何らの迷惑を掛けないとともに、万一、苦情・訴訟等により当社が損害を被った場合には、当社が被った損害(弁護士費用、当社が支払う損害賠償金及び和解金等、当社の信用回復のために支出した費用を含み、これに限りません)を賠償するものとします。
  • マカセラーは、ユーザーその他第三者から苦情・訴訟等がなされた場合には、直ちに、その旨を当社に通知しなければなりません。
  • 当社が、ユーザーその他第三者から苦情・訴訟等がなされた場合、速やかに、その旨をマカセラーに通知します。

第16条 損害賠償 

  • マカセラーは、本件業務の遂行に関連して、当社又は第三者に損害を与えた場合には、その損害がマカセラーの責めに帰さない事由により生じたことが明らかである場合を除いて、マカセラーは当該損害(弁護士費用、当社が支払う損害賠償金及び和解金等、当社の信用回復のために支出した費用を含み、これに限りません)を賠償するものとします。

第17条 登録事項の変更 

  • 登録事項に変更のあった場合、速やかに当社所定の手続きにより当社に届け出るものとします。この届出のない場合、当社は、登録事項の変更のないものとして取り扱うことができるものとします。

第18条 連絡及び通知 

  • 本件業務に関するマカセラーから当社に対する連絡又は通知、及び本規約の変更に関する通知その他当社からマカセラーに対する連絡又は通知は、当社の定める方法で行うものとします。

第19条 本サービスの停止及び廃止 

  • 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、マカセラーに事前に通知することなく、本サービス(再委託に関するものを含みます。以下、この条、第17条、第18条及び第19条において同じ。)の利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。
  1. 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
  2. コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
  3. 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
  4. その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合
  • 当社は当社の都合によりいつでも本サービスを廃止できるものとします。この場合、当社はマカセラーに事前に通知するものとします。
  • 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づきマカセラーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第20条 設備の負担等 

  • 本サービスの提供を受けるために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、マカセラーの費用と責任において行うものとします。
  • マカセラーは自己の本サービスの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。

第21条 著作権、財産権その他の権利及びコンテンツ等 

  • 本サービスに含まれているコンテンツ及び個々の情報、商標、画像、広告、デザイン等に関する著作権、商標権その他の知的財産権、及びその他の財産権は全て当社又は正当な権利者に帰属しています。
  • 商品の販売の際の商品画像、文章、デザイン等の著作権はすべて当社又は正当な権利者に帰属するものとします。
  • 本サービス及び関連して使用されている全てのソフトウェアは、知的財産権に関する法令等により保護されている財産権を含んでいます。
  • 当社若しくは著作権その他の知的財産権及びその他の財産権を有する第三者から利用・使用を許諾されている場合、又は、法令により権利者からの許諾なく利用若しくは使用することを許容されている場合を除き、本サービス及び本サービスの内容について複製、編集、改変、掲載、転載、公衆送信、配布、販売、提供、翻訳・翻案その他あらゆる利用又は使用を行ってはなりません。
  • 前各項に反する行為によって被った損害については、当社は一切の責任を負わないものとします。また、これらの行為によって利益を得た場合、当社はその利益相当額を請求できる権利を有するものとします。
  • マカセラーが本サービスに関連して発信又は掲載した情報に関する一切の責任は、当該マカセラーが負うものとします。当社は、その内容、品質、正確性、信ぴょう性、適法性、最新性、有用性等について、確認しません。また、当社は、それらに関して保証しないものとします。
  • マカセラーは、他のマカセラー又はユーザーが発信又は掲載する情報について、その内容、品質、正確性、信ぴょう性、適法性、最新性、有用性等をマカセラーご自身の責任で判断する必要があります。
  • マカセラーが、本サービスに関連して発信又は掲載した情報に関する著作権は、マカセラーに帰属するものとします。ただし、マカセラーは、当社に対し、日本国内外において、当該情報を無償かつ非独占的に使用することを許諾します。
  • マカセラーは、本サービス内では、著作者人格権を行使しないものとします。
  • マカセラーが本サービスに関連して発信又は掲載した情報について、他のマカセラー若しくはユーザー又は第三者から削除の依頼があった場合、当社の判断で削除の可否を決定できるものとし、当該判断により生じた一切の責任について、当社は責任を負わないものとします。

第22条 禁止行為 

  • マカセラーは、本サービスの利用に関し、次に掲げる事項を行ってはならないものとします。第三者を利用して当該事項を行う場合も同様とします。
  1. 当社、他のマカセラー、ユーザー、オークションサイト等その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用し、又は利用しようとすること
  2. 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害すること
  3. 当社又は第三者の知的財産権を侵害すること
  4. 当社又は第三者の名誉、信用を毀損し、又は不当に差別若しくは誹謗中傷すること
  5. 当社又は第三者の財産を侵害すること又は侵害するおそれのあること
  6. 当社又は第三者に経済的損害を与えること
  7. 当社又は第三者に対する脅迫的な行為を行うこと
  8. マカセラーが以下の情報を投稿すること
  1. 第三者の権利及び財産に対して損害を与えるリスクのある情報
  2. 第三者に対して有害な情報、第三者を身体的、心理的に傷つける情報
  3. 犯罪や不法行為、危険行為に属する情報及びそれらを教唆、ほう助する情報
  4. 不法、有害、脅迫、虐待、人種差別、中傷、名誉毀損、侮辱、ハラスメント、扇動、不快を与えることを意図し、又はそのような結果を生じさせるおそれのある内容を有する情報
  5. 事実に反する、又は存在しないとわかっている情報
  6. マカセラー自身がコントロール可能な権利を持たない情報
  7. 第三者の著作権を含む知的財産権その他の財産権を侵害する情報、公共の利益又は個人の権利を侵害する情報
  8. わいせつ、児童ポルノ又は児童虐待に当たる画像、文書等の情報
  9. 医師法等の法令に反する情報
  10. その他当社が不適切と判断する情報
  1. コンピュータウィルス、有害なプログラムを使用し、又はこれらの使用を誘発すること
  2. 本サービス用インフラ設備に対して過度な負担をかけること
  3. 本サービスに係るサーバー、システム又はセキュリティへの攻撃
  4. 本サービスに関連するシステム、ソフトウェア、プロトコル等をリバースエンジニアリング、逆アセンブル等の手法により解読する行為、これらを改ざん、修正等する行為及びこれらを複製、二次利用する行為をすること
  5. 当社提供のインターフェイス以外の方法で本サービスにアクセスを試みること
  6. 一人の者が複数のマカセラー登録を行うこと
  7. 当社を介さない販売代行や支払い、及び直接取引を想起させる行為をすること
  8. その他当社が不適切と判断する行為

第23条 登録取消し及び解除等 

  • 当社は、マカセラーが、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合又は該当したと当社が合理的な理由に基づき判断した場合、事前に通知又は催告することなく、当該マカセラーについての業務委託契約の解除、マカセラーとしての登録の取消、本サービスの全部若しくは一部へのアクセス拒否、利用停止等、又は投稿した情報その他マカセラーに関連する情報の全部若しくは一部の削除等、当社において必要と判断した措置をとることができるものとし、当社はその理由を説明する義務を負わないものとします。
  1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
  2. 登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合
  3. 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
  4. 自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けたとき
  5. 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
  6. 租税公課の滞納処分を受けた場合
  7. 死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合
  8. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
  9. 当社がマカセラーとしての登録の継続を適当でないと判断した場合 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、マカセラーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
  • 当社及びマカセラーは、それぞれ1日前までに当社所定の方法で相手方に通知することにより、業務委託契約の解約及びマカセラーの登録の取消をすることができます。但し、その時点で再委託されている商品がある場合は、その商品の売買又は返送・廃棄が完了したときに、業務委託契約が終了し、マカセラーの登録が取り消されるものとします。
  • 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第24条 本規約の変更 

  • 当社は、当社が必要と判断する場合、本規約を追加・変更することがございます。
  • 変更後の本規約の内容及び効力発生日は、事前に、本サービスにて掲示いたしますが、当社が必要と判断する場合には適切な方法で変更の告知をいたします。
  • 変更後の本規約の効力発生日以降にマカセラーが本サービス(再委託に関するものを含みます。)を利用した場合、本規約の変更に同意したものとみなします。

第25条 譲渡禁止等 

  • マカセラーは、当社の書面による事前の承諾なく、本規約ないし業務委託契約に基づく契約上の地位又はこれらに基づく権利義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、貸与、その他の処分をすることはできません。
  • 当社が、本サービス(再委託に関するものを含みます。以下、この項において同じです。)に係る事業を第三者に譲渡する場合(事業譲渡、会社分割その他本サービスの主体が移転する一切の場合を含みます。)には、当社は、当該事業の譲渡に伴い、本規約ないし業務委託契約に基づく契約上の地位、これらに基づく権利義務及び登録情報その他マカセラーが当社に提供した情報を当該事業の譲受人に譲渡することができるものとし、マカセラーは、かかる譲渡につき、あらかじめ承諾するものとします。

第26条 分離可能性 

  • 本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により、無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第27条 準拠法及び管轄裁判所 

  • 本規約ないし業務委託契約の準拠法は日本法とします。
  • 本規約ないし業務委託契約に起因し、又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第28条 規定外事項 

  • 本規約に定めのない事項については、当社及びマカセラー双方ともに誠意を持って協議をして円満解決を図るものとします。

利用規約 制定日

2020年5月1日